7月のとよひかりの日。

七月のとよひかりの日

二〇一六年夏。

 

一年の半分が過ぎ、二〇一六年も折り返し。

そんな一日一日が風の如く流れていく毎日で、

夏の宇検村は、賑やかな日々である。

 

そんな賑やかさの反面、

ゆっくりと時を過ごす時間が少しばかりあると、

その時間がとても贅沢で、至福。

 

− − − − − − − − – − − − − −

 

六月の末に、東京から友人が訪れた時のこと。

 

彼女とは異国の地で三年前に出会い、

ここ宇検村で

約二年ぶりの再会を果たすことができた。

年齢が店主と同い年で、自然と気が合い、

色んなことを相談し合った仲である。

と、店主は勝手に思っている。

 

空港で彼女と再会した時、

異国の地で過ごした二年間はやはり夢ではなく、

現実であったことを思い出させてくれた。

 

自分が生まれて育った日本の中にいると、

ついつい忘れてしまいがちになってしまう、

世界のこと。

自分一人が考えなくても、

世界は良くも悪くも変わらないかもしれない。

 

むしろ、自分の周りで日々起こることの対応で

容量がオーバー気味になってしまい、

気を向けたいことを後回しにしてしまっている。

 

それでも個人的に思うことは、

最近の出来事を通じて「外国=危険」と、

日本と海外の壁を

厚くしてしまう人が増えていくことは、

外国で危険な目に遭いながらも、

外国の人に救われたことがある身としては、

少なからず悔しい気持ちが湧き、

 

真意や本質を知ろうとする姿勢」は

 

忘れないでおこうと思う。

 

− – – – – – – – – − − − − −

 

奄美に住み始めて、一年と三ヶ月。

 

以前の店主を知っている人は

周りにはいないという、

まっさらな環境で過ごす毎日に

刺激より不安を抱くことが

多くなってしまったのは、

年をそれなりに重ねてきたからなのか、

ここで生きていきたいからこその

 

もがき

 

なのかもしれない。

 

少し大袈裟かもしれないが、

ある意味、

一日一日が勝負な生き方で、

時々

綱渡りをしているような気分にもなる。

 

そんな時にふと訪れる

内地からの友人たちの存在は、

実に大きくて、

近すぎず 遠すぎずの、

 

コーヒーを飲むことで息抜きができるように、

 

一緒に過ごすことで息抜きができる、

 

ちょうどよい距離感にいる存在。

 

何事も

あまり、気張らずに

肩の力を抜きつつ。

柔らかく。

 

少し止まる、

そんな日があってもいいもんね。