12月のとよひかりの日。

 

2016年も残すところ、

あと18日。

 

あなたの

やり残したことは

何ですか?

 

少しの勇気を出せば

まだ、

間に合う。

 

最後まで頑張ったと

自分に言える一年を

過ごしてみるのもいいかも。

 

 

そんな世の中は、

忘年会のシーズン真っ只中。

ちょうど、先週の金曜日に

少し大きめの忘年会に参加してきた時の事。

 

− − − − − − − − − − – – – –

 

店主が想像するに、

忘年会の目的は、

その年に自身に起こった

辛く悲しい思い出を忘れ、

新しく来る年を

元気に迎え入れる。

そんな

気持ちの切り替えが

はじまり。

 

− − − − − − − − − − – – – –

 

そんな本来の目的は少し

横っちょに置いておかれて、

みんなで

鍋をつつき、

余興で笑い、

豪華景品を掛けた、

ナンコ大会と呼ばれる

鹿児島や奄美で盛んな

数合わせのゲームを

チームで楽しむ姿は

冬とは思えない熱気で盛り上がる。

 

そして最後は、

くじ引きによる

景品ゲットのチャンスが目玉の

忘年会。

 

− − − − − − − − − − – – – –

 

奄美大島は南の島だけど、

南の島だけども、

冬はあります。

 

空は曇りがちで、

ダウンを着る人もいるし、

ニット帽を被る人もいる。

 

それなりに寒い。

 

寒さが苦手な店主にとっては、

この少しの冷え込みでさえ、

動きが鈍くなる原因になります。

 

 

そして、

そんな店主を惨めに思い、

忘年会の実行委員のみなさまが

救世主の如く、

くじ引きの景品の中に

「こたつセット」を

入れてくれました。

 

あとは当てるだけ。

 

実は昨年も「こたつ」が

景品にありました。

 

だけど、

残念ながらその時は

私の手元にはやって来ず、

こたつゲット作戦は、

1年越しの願いでした。

 

そして、今年は

店主の思いがプラスされ

「こたつ&こたつ布団のセット」

が準備されました。

 

これは、当てるしかない。

 

そして、

くじ引きがはじまり、

会場に入った時にもらった

番号くじを握りしめ、

番号が呼ばれるのを待つ。

 

商品券や

自転車、

高級お肉、

掃除機、

布団セット、

調理家電などなど、

景品台の上から

番号が呼ばれる毎に

次々に

景品がなくなっていく。

 

くじ運を

生まれながらに

全くも持っていない店主の番号は、

もちろんここまで

呼ばれていない。

 

この番号は「こたつセット」を

当てるための番号だと、

それだけを信じて

番号が呼ばれるのを待った。

 

そして、

いよいよ「こたつセット」が呼ばれる。

・・・

 

呼ばれる

はずだった私の番号が

呼ばれな・・・い。

 

何の仕掛けもしていないので、

確率的に

当然である。

 

だけど、

番号くじに仕掛けは

していなかったものの、

店主が

こたつセットに込める想いの強さを

知っている

忘年会実行委員改め

救世主の方々。

 

おかげで、

こたつセットを当てた方が、

その場で店主に譲ってくれる形となり、

1年越しの想いが実り、

我が家にこたつがやって来ました。

 

そんな訳で、

宇検村は、

ヒーローだらけの村です。

 

おそらく

心の中でだけで

「こたつほしいな〜」と

思っていたら、

私の所まで届かなかっただろう、こたつ。

 

こたつに限らず

 

「自分が叶えたい事」は

何でも

1回

口に出してみる。

そしたら、

ひょっこりと

救世主が現れるかもしれない。

 

その大切さを

改めて勉強できた

そんな、

一生忘れられない

忘年会となり、

 

おかげさまで、

この冬は

美味しい珈琲を飲みながら

ぬくぬくの

いい冬を過ごせそうです。

 

 

そして、

今年1・2位を争う

店主の大きな挑戦でもある

クラウドファンディングも

残り41日となりました。

 

一歩一歩

しっかりと地に足を着けて

感謝の気持ちを忘れず

これからも。

 

【とよひかり珈琲プロジェクト】

どうか、ご支援よろしくお願い申し上げます。