5月のとよひかりの日。

とよひかり珈琲店の文庫屋さん。

ここがオープンして、早1ヶ月。

世間は5月です。

 

ゴールデンウィークも終わり、

奄美も梅雨入りをして、

シトシトと響く雨音と、

虫の音が遠く聞こえる真夜中に、

毎月14日のとよひかりの日に書く

はずだったことを書いている。

 

−−−−−−−−−−−−––––−−−−–––−

 

この1ヶ月の間に、

直接に、とよひかり珈琲の話を聞いてくれる人や

どこかで耳にして、

さりげなく聞いてくれる人がいてくれて、

店主の淹れる珈琲を飲んでみたいと

言ってくれる人も現れて、

この1ヶ月の間に、

少しずつ「とよひかり珈琲」の存在を

気にかけてくれる人ができて、

 

思うことも大切だけど、

発することの面白さもまた、大切。

 

と、肌で感じるようになった。

 

それでも、

発する速さは人並みより遅めの店主であるので、

気長に、

気長に。

末永く、見守っていただけたら幸い。

 

ゆったりペースのこの空間、

訪れたからといって、

何かためになる。

何か収穫がある。

何か救われる。

そんな事は稀だと思うけど、

 

そんな稀が、いつか

誰か一人にでも届いたら、これまた幸い。

 

−−−−−−−−−−−−––––−−−−––––

 

そんな最近の店主は、

本当の自分というか、

本来の自分ってどんなだっけ?

ということと、

人の気持ちを読みすぎる事に

頭を抱えていたりする。

 

頭で考えなきゃいけない環境に

自分を置こうとしすぎて、

心の部分を大切することが後回しになっている。

らしい。

 

 

思い返してみるとこの一年、

中々、自分と向き合う時間がなかったかも。と、

ふと気付かされ、

ちょっともったいないことをした。

 

ついついある時間を使って、

あれもしよう。

これもしよう。

と、時間に欲張りになりすぎだったかも。

 

芯からリラックスできる時間、

それを少し意識して作ってみよう。

 

ただ、

やかんにお湯を沸かして、

香り立つコーヒー豆を挽いて、

それをゆーっくりと、珈琲カップに注ぐ。

 

珈琲の香りと味を

ただ、それだけを味わう時間。

他は何もしない。

 

気持ちばかりが生き急ぐ、

そんな自分に、

軽くブレーキをかけてくれる、

それが、そんな店主にとっての

「珈琲」という存在らしい。

 

A