カウンター越しに思うこと。

 

秋の入り口、9月です。

 

8月のおわり、

作業の傍で聞いているラジオ放送からは、

「夏の終わりですね〜」

「何だか寂しさを感じますね〜」

と、各番組パソナリティーが

口を揃えて言っていた。

 

まだまだ、奄美の暑さは続くけれど、

暦の上では夏のおわりで、

秋のはじまり。

 

季節の変わり目は、

何だか心細くなってしまうのは、

日本人の四季感覚なのかもしれない。

 

*************

 

心を亡くすと書いて、

忙しい。

 

大切な友人がよく言っている、

とても心に刺さる言葉だ。

 

 

振り返ってみると、

今年の8月はまさに、

そんな状態であった店主。

 

こういう時だからこそ、

まずは、

ひとつひとつ目の前にある事を丁寧に。

 

*************

 

お店の内装も、

いよいよ終盤となり、

内壁の塗装、

電気配線の仕上げ、

厨房設備の設置。

 

おおまかな材料は揃ってきた。

 

壁の色、

カウンターの色、

それぞれの床板、

タイルの貼り方、

照明器具、

配線・配管、

 

店主のこだわりや、

大工さんの匠の技、

設備屋さんの粋な演出、

 

できる限り予算を抑え、

店主の想い(わがまま)に応えてくれている

業者の方々と、

多方面から支えてくれる方には、

これから先も頭が上がらないほどで、

感謝してもしきれない。

 

そんなお店の色んな場所に、

色んなストーリーが隠れている。

それが、

とよひかり珈琲店である。

 

お店の中に、

これまではなかった

カウンターが現れた時、

このカウンター越しに

どんなお客さんが来てくれるのか、

不安と楽しみが、

一気に押し寄せて来た。

夢というか、

想いが形になる時がきたと、

噛みしめ、

作業の合間に、

色んな角度からの

景色を発見するのが、

近頃の楽しみである。

 

目の前には、

まだまだ山積みの

やることリストがあるけれど、

それに恐れず、

初心忘れず、

一歩一歩進んでいこう。

 

ホッと一息つけるひとときを、届けるために。