とよひかりの灯。

とよひかりの灯。

2016年4月某日。

とよひかり珈琲店の第一候補地である

空き家の掃除に取り掛かった。

 

日本各地で問題になっている空き家問題。

ここ宇検村でも他人事ではない。

 

貸したくても荷物があるので貸せない。

お盆時期に子どもが帰ってくるから貸せない。

 

とても人が住める状況ではない。

住めない理由は山ほどでてくる。

 

潰すもお金、

改修するもお金。

 

補助金でどうにかなるのは、ほんの一握りだけ。

 

そんなとよひかり珈琲店の第一候補地も、

一筋縄ではいかない。

まずは、家屋内にある不用品の処理。

 

2階から1階へ移動し、

使えるもの、

譲れるもの、

売れるもの、

仕方ないが廃棄するものと仕分ける。

 

途方もない分別の作業が続く中、

シロアリに食されている箇所を見つけると、

ため息しか出ない。

 

本当にここをとよひかり珈琲店とできるのか、

作業をする度に、不安に襲われる。

 

− − − − − − −

 

そんな時、ふと思った。

 

「この不安の根源は一体何なのか」

 

答えはとても簡単だった。

 

「いくらお金がかかるんだろう・・・」

ただそれだけだった。

 

むしろ、お金の心配を除くと

「楽しいことばかり思い浮かんでくる。」

 

何億円とかかるわけでも、

何千万円とかかるわけでもない。

 

これから頑張ってペイできる金額なら

それに気を取られるのはもったいない。

 

「金は天下のまわりもの」

そんな言葉もあるし、

それだけ想いがあることなら、

貯めるより使え。だ。

 

− − − − − − −

 

頭の中にとよひかり珈琲店のイメージが

できた日から

もう、それを叶えられる。

 

そんな根拠のない自信は、

 

言葉では伝えられないけど、

 

とよひかり珈琲店の店主には溢れていた。

 

一人より、二人。

二人より、三人。

 

関わる人が少しずつ、ぽこぽこと増えていく。

作業効率が上がるのは、もちろんだけど

人がいるだけで、大変な作業も楽しいし、

 

心強い。

 

 

一歩一歩、

丁寧に。

とよひかりの灯った日に思うこと。