「とよひかり珈琲プロジェクト」に込める想い。

 

2016年最後の月

師走です。

 

6月から習慣づけようと始めた

軽めのランニングが、

長い間お休み中で、

気持ちばかりが

走っている、そんな師走のはじまり。

 

− − − − − − − − – – – – − −

 

11月のとよひかりの日の記事

少しだけお話しさせていただいた

クラウドファンディングへの挑戦。

(画像をタッチまたはクリックするとリンクが開きます。)

 

こちらが11月22日の『いい夫婦の日』に

いよいよはじまった。

 

このクラウドファンディング

というシステム。

 

やってみたいことがり、

夢があり、

何より

それを一緒にやりとげようと、

そういう想いのある人たちが

このクラウドファンディングには

集まってくる。

 

「とよひかり珈琲プロジェクト」

に込める想い。

 

それを今日は綴りたい。

 

− − − − − − − − – – – – − −

 

店主は、人として

それはそれは

とても不器用な人間です。

 

何かを作る

何かを企画する

何かを形にする

自分の中に褒められる点が

あるとすれば

「行動力」

 

 

それを、最近になって

やっと自分でも「認める」ことが

できるようになった。

 

でも

認めることはできても、

自身の中で思うのは、

 

「好きな事を

好きだからしているだけ」

「やりたい事を

やりたいからしているだけ」

「面白い事を

面白いからしているだけ」

「決めた事を

決めたからしているだけ」

なので

 

これは大して、

立派な事ではないと思ってしまう。

 

ただ頭と心の部分が、

そのままなんだと思う。

 

だから、

人間として、とても不器用。

 

だからこそ

自身がこれまで29年間

生きてきた中でしてきた事で

不用意に

傷つけてしまっている人が、

たくさんいるかもしれない。

と、思うことが多々ある。

 

行動力が時として

人を傷つけている。

 

もう少し若かった頃は、

それにすら気づかなかったり、

「じゃぁ、どうすればよかったんだろう」

と、今でも後悔している事もあったりする。

 

そんな中でも、

店主がこうして、

 

このブログを立ち上げて、

 

コーヒー栽培をしようとして、

 

コーヒー屋さんを作ろうとして、

 

クラウドファンディングに挑戦して、

 

宇検村に残ろうとしている事を

 

応援しながら

支えてくれている人たちが

いてくれる事。

 

この存在に勝るものは

今の店主には見当たらない。

 

「誰かを応援する」

「誰かを支える」

簡単そうに見えて、

とても勇気がいることだと思う。

 

これを、躊躇なくできる人。

 

そういう人こそ、

人として、

かっこよくて

粋な人。

 

今になって改めて、

こういう人たちがいたからこそ

「行動力」が形になったんだ。

と、気づくことができました。

 

今、店主が挑戦している

クラウドファンディング

というシステムが、

まさに

「それを見える形にしている」システム。

 

クラウドファンディング上で

パトロン」と呼ばれる支援者の方が

クラウドファンディングの中だけでなく、

日常の暮らしの中に溢れること

 

それが、店主が

「とよひかり珈琲プロジェクト」

込めた、想いです。

 

− − − − − − − − – – – – − −

 

「あなたを応援すると、

私も頑張れる」

 

「あなたが頑張っていると、

私も頑張れる」

 

「私も頑張るから、

一緒に頑張ってみよう」

 

まだまだ

人間修行な店主だけれど、

今の過程を歩みながら

繕い中の

「とよひかり珈琲店」という場所で、

 

躊躇なく

誰かを支え、

応援し、

無条件で味方になる。

 

そういう

日常づくりをしていきたい。

 

それが、

 

誰かの行動力で

人が不用意に

傷つくことを少なくできる、

 

今の店主に

できること。

と、

2016年も

終わりに近づき、

思うのでした。